空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

メリットがいっぱい!憧れのANAダイヤモンドサービスの世界

スポンサーリンク

メリットがこんにちは。El viajeroです。

今日はANAの上級会員の最高ランクのステイタスであるダイヤモンド会員の世界について書きたいと思います。

f:id:junchans123:20170501134733j:plain

私はダイヤモンド資格を持っており、ここ数年ほどは維持しています。ただ今年は仕事の内容が少し変わったこともあり今年はプラチナ位で終わりそうです。まだ決めてないですが、ダイヤモンドを維持する為に修行(プラチナポイントの取得単価が安いフライトを探してひたすら飛行機に乗ってステイタスを取得すること)しようかどうか悩み中です(年後半になってから決めようかと)。

ではプラチナ、SFCとの違いをメインに紹介したいと思います。

目次 

ダイヤモンドステイタスを獲得するには

プレミアムポイントとは

f:id:junchans123:20171020080651p:plain

飛行機の搭乗によって貰えるポイントで、マイルとは別に計算されます。搭乗クラスやチケットの種類により積算率は異なります。

獲得条件

f:id:junchans123:20171020080925p:plain

50000ポイントでプラチナ、100000ポイントでダイヤモンドのステイタスが獲得できます。国内線の場合、例えば仕事でよく使うであろう変更可能運賃で東京-大阪間の便に搭乗すると1000ポイント弱ですので、年間プラチナで50数回、ダイヤモンドで100回少しの搭乗が必要です。国際線の場合距離が長いので例えばヨーロッパ往復で10000ポイント程度になります(搭乗クラスによってかなり異なりますが)。

国内線だと(休みとかもあるので)週1回東京-大阪を往復していてもまだ足りません。でも羽田-伊丹便にはダイヤモンドの人が山ほどいるので国内線だけでダイヤモンドの人もいるんでしょうね。だいたいは国内出張、海外出張両方沢山ある人だと思います。

ダイヤモンドサービスについて(プラチナとの違いをメインに)

国内線の座席指定範囲の拡大

f:id:junchans123:20170505092432p:plain

昔はプラチナとダイヤモンドでは差が無かったように記憶していますが、今は最前方はダイヤモンドでないと指定できないみたいです。自分もそうですが、空港に着いて電車がギリギリだとダッシュで走ることをしてますのでそういった人にはメリットですね。普通はそこまで拘る必要もなさそうですが。

ちなみに出張の飛行機の予約が直前になった場合、前方がWEBではとれない時はダイヤモンドデスクに電話します。そうすると10列目位の席を倒せない非常口座席がなぜか空いていて指定できます。又、デスクの担当の方に言われたのですが、出発の24時間前に更に座席が解放される(一番前の通路側)とのことでその時にダイヤモンドデスクに電話すれば更に前の席が取れるとのことです。プラチナの人は当日朝、一般の人は当日空港に行って席に空きがあれば変更してくれるとのことです。詳しくは下記の記事にまとめました。

www.junchans123.com

 

あと、これは数年前にサービスが終了しましたが、前方が満席でもリクエストしておけば変更してくれました。真ん中の通路が一本の小さな飛行機の一番前の通路側は、ほぼこのサービスを使う人なのでダイヤってことがわかった位です。直前解放席にリクエストで変更できたということですね。

前方を最後まで空けておくのは国会議員とかVIP用なんでしょうね。月曜の朝の関空便の一番前の同じ席にいつも関西の国会議員が座ってたのを覚えてます。

更に空席待ち等について調べたので下記記事を参考にして下さい。

www.junchans123.com

予約や空席待ちが最優先になる

国内線のチケットを予約する場合、ダイヤモンドメンバーは通常の発売日(二か月前)より二週間早く預かってくれます。SFC修行に使うプレミアムクラスの旅割りを買うのに有効ですが、プラチナ以上を持っている人は修行しませんか(笑)。

前の記事でも書きましたが、特典航空券やアップグレードを空席待ちで預かってもらった場合、ダイヤモンドメンバー優先順位が一番になります(空港で空席待ちした時もそうですね)。いくら早めに空席待ちをしてもステイタスの上の人が空席待ちすれば完全にそちらの人が先になります。

詳細は公表されてませんが特典航空券も優先で取ることができます。詳細に比較しましたので下記記事をご覧ください。

www.junchans123.com

 スイートラウンジが使える

プラチナ、SFCを持っているとラウンジが使えますが、行かれた方はわかると思いますが国内線の羽田のANAラウンジとか夕方行くと物凄い人ですよね。スイートラウンジはそれ程混んでません(それでもスイートラウンジが出来た頃と比較すると何倍もの人がいますが…ダイヤのメンバーもメッチャ増えてきたのを実感出来ます)。あと、違いはまた詳しく書きますが、ビールがプレミアムモルツやエビスビールになったり、スープや味噌汁とパン、いなり寿司ですが国内線でも少し食べ物を食べれます。

国内線スイートラウンジに関する記事は下記を参照下さい。 

www.junchans123.com

国際線のラウンジも深夜便を乗ろうと思って羽田のラウンジに行くと座るところもないくらいの混雑(そんな状況なのにラウンジの有利サービス始めるってANAは何考えてるのかと思いますが)。スイートラウンジはそれ程でもありませんし、普通のラウンジでは炭水化物ばかりだった食べ物もかなり豪華になってます。

国際線スイートラウンジとDining hについては下記を参照下さい。

www.junchans123.com

スポンサーリンク
 

飛行機の最優先搭乗

小さなお子さん連れとかの次に最優先で搭乗出来ます。国際線のエコノミークラスに乗る時は荷物室が満杯になるので優先搭乗はメリットありますが、国内線の場合だと皆さんそんなに荷物を持ってませんので荷物室のことを考えなくてもいいのでそれほど先に搭乗するメリットは無いんですけどね。私はだいたい通路側に座っていますので窓側の人がきたら立ったりしないといけないですし。個人的には優越感が得られるということですかね(笑)。

預けいれの荷物のタグがファーストクラス用になる

通常のスターアライアンスゴールド用のオレンジのタグがファーストクラス用になって最初に出てきます。国際線の長距離便ではゴールドのタグ付けてる荷物だけでも沢山ありますのでこれは便利ですね。

優先チェックインカウンターが利用できる

f:id:junchans123:20170505093452p:plain

国内線は羽田空港くらいにしかなかったと思いますが、SUITE CHECK-INカウンターが利用できます。ただ、保安検査場がひとつしかないので結構混んでることが多いです。

国際線はファーストクラス用カウンターが利用できます。成田空港ではいわゆるZカウンターですね。よほど混んでない時以外ビジネスやゴールド用のカウンターで十分だと思いますが、これも優越感を感じるってことですかね(笑)。

ちなみにヨーロッパの空港ではSFCを持っていればスターアライアンスのゴールドメンバーとしてルフトハンザのファーストクラス用のカウンターが利用できます。ルフトではゴールドのステイタスがかなり上ってことですかね。もちろんANAのダイヤは関係ありませんが。

ネームタグ及び選択式特典が貰える

ネームタグは毎年貰ってカバンに付けてます。まだ貰ったことはありませんが150000ポイント以上の場合は特別仕様の別のタイプが貰えます。今まで数回目にしたことはありますが上には上があるものだと感心します。

選択式特典は下記のような感じです

  •  ANA SKY コインコース
  • アップグレードコース
  • ミシュラン星レストランコース
  • IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・お食事コース
  • ビジネス&トラベル・リビング・職人の技コース
  • 自然保護コース
  • コンシェルジュコース

SKYコインは60000万円分、アップグレードポイントだったら12ポイントといった感じです。これらから選択しますが、この特典プラス機内販売用クーポン20000円分かSuite Lounge利用券6枚が貰えます。

何万円かの価値がありますのでこれはかなりいいです。我が家ではいつもホテルの利用券(40000円分)を選択しますが、あまり行く機会がないので期限が切れる直前にホテルでの豪華なディナー一回で使い切ってます。

ダイヤモンドデスクが利用できる

多分他のデスクと比較して混んでる時でも優先に繋げてくれていると思います。あと、ダイヤモンドデスクだけは携帯電話で利用できるフリーダイヤルとなりますので微妙にいいですね。そういえば最近デスクに電話をかけるとオペレーターの人から最初に「・・・様いつもありがとうございます」と言われるようになりました。

マイル関連の特典

ダイヤモンドの場合、マイル積算率が一年目115%、二年目以降125%になります(SFCを持っていればプラス5%)。結構大きいですが、プラチナの場合、一年目95%、二年目以降105%ですのでそれ程大きな差はありません。

あと、ダイヤモンドの間はマイルの有効期限が無くなります。ダイヤになった瞬間に持っているマイルの有効期限がリセットされますのでこのサービスは大きいですね。ダイヤモンドサービスが終わったらそこから三年後が期限です。

といった感じです。終わったサービスとしては、上に書いた座席のリクエストと社長名の年賀状が届くというのもありましたが…

一生使えるSFCの資格を得る為にプラチナになるのに5万ポイント。ダイヤは10万ポイントで、継続の為には毎年10万ポイントが必要ということを考えると、その敷居の高さの割に得られるサービスが少ないと思いませんか?少し足りなければ修行をとは思いますが、一から10万ポイントをためるのはかなり勇気がいります。山ほどマイルをお持ちの方はスカイコインに換えて修行すれば問題なさそうですが。 

海外に行く方に是非持っていって貰いたい物

このブログへ訪れた方は海外旅行によく行かれる方だと思います。話は変わりますが、私が海外に行く時、いつもウォシュレットが無くて苦労してました。最近日本では公共トイレでも設置されているところもあり、もう無いと困るって感じになっています。海外では殆ど普及していませんしね。以前海外赴任が決まった時、当然向こうでは無いのでどうしようかと色々探した時に見つけたのがこれです。

携帯のウォシュレットです。ネットでの口コミが良かったので一度買って試してみると、水圧が少し弱めなのとタンクに入れれる水の量が少なかったですが十分使えそう。ということで海外赴任に持って行きました。 これほんと助かりました。他の海外赴任の人や出張で来た人に紹介したのですが、みんな大助かりということでほんとお礼言われた位です。日本へ帰任してからも海外旅行、出張には必ず持っていきます。 最近新しいモデルが発売されたみたいですが(YEW4W3)、少し高いので古いタイプ(YEW350)で問題は無いと思います。

パナソニック製もあります。これは水を入れるタンクの容量が少ないですが、ペットボトルをタンク代わりにするジョイントが付いてるので結構便利です。使い勝手はほぼ同じって感じですかね。 海外旅行に超お勧めです。一度試して下さい。