空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

ANAビジネスクラス国際線特典航空券で行くヨーロッパ三カ国滞在の旅(特典航空券発券しました)

スポンサーリンク

この夏に妻と一緒にウィーン、プラハ、ローマ周遊のヨーロッパ旅行を計画しました。せっかくなら特典航空券のビジネスクラスでと思い、まずはこの特典航空券のルールに関して調べた内容を以前書きました。

junchans123.hatenadiary.jp

又、このルールに則って面白いことができないかと思い、アジア五か国+沖縄、札幌周遊の旅及び欧州ビジネスクラス三往復の旅について調べて書きました(面白いので自分自身がチャレンジしたいのですが、時間の問題で諦めています。興味ある方は是非どうぞ)。

junchans123.hatenadiary.jp

  

junchans123.hatenadiary.jp

 

今回はヨーロッパ三カ国周遊のチケットを無事発券できましたのでどのようなルートを選んだのか等を書きたいと思います。

行く都市が全てANAの就航都市では無い為、提携航空会社の特典航空券(スターアライアンス特典)を選ぶことになります。特典航空券のルールって単純往復では無い場合結構難しいですね。というか普通はどこかの都市を往復するのがメインなので自分が特殊なのかも・・・

 目次

 

国内線の乗り換え

国内で往路、復路各二回可能とのことですので、私は関西在住なので国際線部分は関空発でも羽田/成田発でもその他国内都市でもOKです。往路、復路で別の国内都市に一泊もできるのですが、休みがぎりぎりなのでそれは諦めました。 

ANA便特典航空券の空き状況

欧州へのANA便は355日前であれば可能だったと思いますが、日本を長期に留守することもあり結局日程が決まったのが出発の数か月前。ダイヤモンドの力をしてもとても欧州ANA便のビジネスクラスは空いていません。キャンセル待ちすれば取れるかもしれませんが、、提携航空会社を含むので全工程を含んだ旅程のキャンセル待ちができませんし、もう行ける日程は決まっているのでANA便は諦めました。

ちなみにANA便だけキャンセル待ちして、取れれば欧州内でのフライトを追加するという手もあると思います(発券後は旅程の変更ができないので、キャンセル待ちが取れた時点で発券せずに電話して欧州内のフライトを追加して貰えれば大丈夫かと思います。確認した訳ではありませんが。)。 

スポンサーリンク
 

提携航空会社特典航空券の空き状況

各社の座席解放がバラバラなので悩みました。色んな日程で調べるとかなり先の便はだいたい取れそうですが(でも例えばルフトハンザだとあまり先の日程では解放されてない時もあり)、日程が近づくと徐々に埋まっていくといった感じです。休みが取れる日程が先に決まったのでだいたいその四か月前に予約したって感じです。 

単純往復のルートについて

特典航空券では、途中降機(24時間を超える滞在)は目的地以外に往路・復路いずれか1回可能です。ということはある都市を行き先とし、単純に往復する場合は途中もう一か所しか滞在できません。乗り換え扱いにして24時間未満の滞在は可能ですが、それでは殆ど観光できませんし、最低二泊は欲しいということで別の方法を考えることにしました。

オープンジョーの使用

オープンジョーとは往復・周回航空券のうち、往路と復路の発着地が片方、または両方別の地点(空港)となる航空券のことです(Wikipediaより)。今回の場合はヨーロッパの往路の到着地と復路の出発地を違う空港に設定しました(特典航空券のルールでは発着地は同一エリア内であることが必要ということなのでヨーロッパ内であれば可能となります)。実際に検索してわかったことですが、その発着地(二か所)が目的地の扱いになるので両方の都市で24時間を超える滞在ができます。ただ、二か所の発着地間の移動は別で確保する必要があります。 

航空券のルート

というわけで、下記のルートで考えました。

往路       日本-ウィーン-プラハ

復路       ローマ-日本

ウィーンを途中降機扱い、プラハ/ローマを目的地としたオープンジョーの航空券です。行きはウィーンへ一回乗り換えで行く必要があります。帰りはローマから二回乗り換えが可能です。ちなみに経路検索は往路復路逆のパターンでも考えました。

実は検索してみるとビジネスクラスではAIR CHINA(中国国際航空)がたくさんヒットします。皆さんの書き込みを見るとやっぱりこの航空会社は避ける方がいいと思い、別ルートで考えました。

その結果、下記のルートがヒットしました。

f:id:junchans123:20170515121340p:plain

諸費用、サーチャージが二人分で約10万円必要です。実際に支払う金額が少し高いなあと感じましたし、ルートには若干不満もありましたがこのルートで発券しました。

ウィーンープラハがエコノミーになっています。最初は一便早いビジネスで予約したのですが、出発がかなり早くなる為一便遅い飛行機に変更したところエコノミーになってしまいました。

妻はそれほど沢山海外に行ったことないのですが、色んな会社の飛行機に乗れるということで賛成してくれました。又、プラハーローマの移動は色々考えたのですが結局欧州のLCCの片道航空券で移動の予定です。

これで一安心と思い、あとはホテル等を予約かなあと思っていたのですが、数週間後ANAからまさかのメールが・・・このルートでは行けなくなってしまいました。そのあたりの顛末はまた次回書きたいと思います。

海外に行く方に是非持っていって貰いたい物

このブログへ訪れた方は海外旅行によく行かれる方だと思います。話は変わりますが、私が海外に行く時、いつもウォシュレットが無くて苦労してました。最近日本では公共トイレでも設置されているところもあり、もう無いと困るって感じになっています。海外では殆ど普及していませんしね。以前海外赴任が決まった時、当然向こうでは無いのでどうしようかと色々探した時に見つけたのがこれです。

携帯のウォシュレットです。ネットでの口コミが良かったので一度買って試してみると、水圧が少し弱めなのとタンクに入れれる水の量が少なかったですが十分使えそう。ということで海外赴任に持って行きました。 これほんと助かりました。他の海外赴任の人や出張で来た人に紹介したのですが、みんな大助かりということでほんとお礼言われた位です。日本へ帰任してからも海外旅行、出張には必ず持っていきます。 最近新しいモデルが発売されたみたいですが(YEW4W3)、少し高いので古いタイプ(YEW350)で問題は無いと思います。

パナソニック製もあります。これは水を入れるタンクの容量が少ないですが、ペットボトルをタンク代わりにするジョイントが付いてるので結構便利です。使い勝手はほぼ同じって感じですかね。 海外旅行に超お勧めです。一度試して下さい。