空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

ANA便のアップグレードに関する色々なお話(上級会員のメリットとかインボラとか)

スポンサーリンク

今日は飛行機のアップグレードに関する色々な話、自分の経験、思っていることについて書きたいと思います。

 

目次 

アップグレードとは

エコノミーまたはビジネスクラスのチケットを持っている時に上位のクラスへ変更するということですね。マイルやポイントを使ってアップグレードする場合と、航空会社の都合でアップグレードしてくれるインボラアップグレードと大きくわけて二種類あります。

マイルやポイントを使ってのアップグレード

下記のように自分が持っているマイルやポイントを使ってアップグレードをすることができますが、エコノミーのチケットの場合対象のクラス(運賃)のハードルが結構高いです。格安チケットの場合は殆ど対象になりません。ただ、数年前にクラスの改定があり少しは対象運賃が拡大したようですが、それにしても普通の旅行でそんな高い運賃でエコノミー乗る人ってあまりいないだろうなと思います。だいたい変更可のチケットが対象になるようで、仕事で海外に行く人で変更可能なチケットを買う人が対象かなって感じです。ただ、最近SFC修行などによく使われるプレミアムエコノミー利用の旅作が結構安くて対象運賃になりますので利用価値があるのはこれかなって思います。

ただ、当然航空会社もそんなアップグレードの人ばかりでは儲かりませんので申し込んでもほぼ空席待ちになります。今までの経験では八割がた当日空港でOKがでるって感じですか(詳しくは後で書きます)。

ANA便の場合

 

通常マイルを使ってアップグレードしますが、プレミアムメンバーの場合はステイタスに応じてアップグレードに使えるアップグレードポイントが貰えます。 

f:id:junchans123:20170522110128p:plain

欧米便の場合、5500マイル以上なのでエコノミー→ビジネスへのアップグレードで28000マイル必要ですね。特典航空券の欧米往復は90000マイルなのでそれの半分強。結構マイルが必要なので割高に感じます。 

f:id:junchans123:20170522110208p:plain

従ってアップグレードする場合はこちらのポイントを使う人が多いような気がします。仕事で行くので変更可能な運賃かつ飛行機を沢山のっている上級会員の組み合わせが一番多いですかね。私も殆どポイントでアップグレードしていました。でもポイントが無くなればマイルを使ってましたが。ちなみに昔はもっと条件が良くてプラチナになるだけで4回分(路線に関係ありませんし、ビジネス→ファーストもOKでした)貰えたんですが、これも改悪の繰り返しで今の制度に落ち着きました。

f:id:junchans123:20170522110256p:plain

今はこんな感じなので、全てANA便でプラチナになった場合20ポイントですので年間欧米1往復だけって感じです。

提携航空会社の場合(スターアライアンスのアップグレード)f:id:junchans123:20170522110337p:plain

ANA便のアップグレードより使うマイルが多いです。使う人は少ないような気がします。私自身も使ったことありませんのでこれに関しては事情がよくわかりません。

スポンサーリンク
 

インボラアップグレード

正確にはインボランタリーアップグレード(英語でinvoluntary upgradeですので自発的でないアップグレードの意味)といい、航空会社の都合でのアップグレードということですね。通常航空会社はある程度のキャンセルを見込んでオーバーブッキングしています(最近ユナイテッドで話題になっていますが)。結局ファースト、ビジネス、エコノミーの全席が埋まるのが理想の為、たまにエコノミーの座席が不足してビジネスの座席が空いているという状況になったりもします。その場合、そのオーバーブッキングしているエコノミーの人にビジネスクラスへうつって貰うってことになりますが、その選択は上級会員であるかどうかとか運賃の種類で選ばれるようです。自分の感覚でもその会員のステイタスが一番効くように思います。

 

私の経験

ANA便の場合

 

仕事の関係で殆どが欧米便をよく乗っていましたが、元々のチケットはエコノミーが2/3、ビジネスが1/3といった感じでした。一応仕事なのでエコノミーでも変更/アップグレード可能な運賃でしたのでエコノミーの場合は常にアップグレードは依頼していましたが、ステイタスのお蔭かほぼアップグレードされました(実は最近東南アジアに行く機会もちょこちょこあったのですが、東南アジア便は依頼してもほぼ無理でした。元々ビジネスの席数が少ないせいですかね。ビジネスでも満席って便もありましたし有償で乗っている人でいっぱいって感じです)。

 

アップグレードが確定するタイミング

・申し込んだ時点

・申し込み~搭乗までの間

・チェックインカウンター

・ラウンジで呼び出し

・搭乗口で呼び出し

・搭乗時

ただ、仕事なのでそんな前にスケジュールが決まっている訳が無く、当然申し込んだ時点では今まで全て空席待ち。感覚ですが1週間位前に少し座席の解放がされるようで、だいたい1、2割程度その時点でアップグレードが確定されました。それではどこでアップグレードがわかるかというと、私の場合ほぼ搭乗口。行きはANAのカウンターでチェックインしますがごくたまにその時点でOKになることもあったように思いますが、帰りはだいたい乗り継ぎでANA便に搭乗しますので、チェックインの時点でOKだったことは無かった(もしくは別の航空会社のカウンターなのでわからない)です。

たまにラウンジで呼び出されることもありますが、今までの経験では殆どが搭乗時のチケットをチェックする時。ほんと搭乗でチケットを「ピッ」とするとエラーがでて(空港によっては駅の改札みたいにチケットを投入する機械があってエラーで戻ってくる)アップグレードがわかるって感じでした。ほんとだいたいが飛行機乗るまでわからずドキドキしてるって感じです。

ちなみにビジネス→ファーストへのアップグレードは、ビジネスのチケットを持っていてもうポイントは余るって時に依頼しますが今まで10回程度依頼して7、8回がOKって感じです。個人的にはビジネスの席が最新のクレドール式になってからはビジネスで十分に感じますので最近はあまり依頼してないです。昔エコノミー→ビジネスとビジネス→ファーストが同じチケット1枚でアップグレードできた時は、ビジネスのシートも今より悪かったのでよく依頼していました。

次にANA便のインボラアップグレードですが・・・実はアップグレードされたことありません(笑)。というのもエコノミーのチケットを持っている時は常にアップグレードを依頼していたのでそれがダメな時はインボラなんてあり得ないですし、ビジネスの席が足りずにファーストクラスが空いているってのはファーストの席がたった8席ですので非常にまれだったと思います。

他のスターアライアンス便の場合

この場合はポイントは使用できないのでマイルでのアップグレードになりますが、上で書いたように結構マイル数が必要なのでしたことありません。ANA以外の長距離便を乗る時はビジネスクラスのチケットが非常に安い時とかスターアライアンス世界一周運賃(この運賃は不思議な運賃で、安いのでビジネスのチケットで出張に行っていた←運賃の不思議についてはまた別の機会に書きたいと思います)を使った時が多かったので機会も少なかったですが。

で、インボラアップグレードに関してですが・・・実はANA便ではされたこと無いのに何回もあります。欧州域内の短距離路線はビジネスクラスといっても席はエコノミーと一緒で、3人掛けの席の真ん中を使用せずに2人で使うって感じなのであまりいいことは無いのですが、ルフトハンザ便でたまにアップグレードされていました。又、ルフトハンザの長距離便は(日本からは関空発の便をよく使っていましたが)数回ビジネスクラス→ファーストクラスへアップグレードされました。ただ、本当にファーストクラスだったのは一回で、あとはファーストクラスを有償で使う人が多分全くいなかった為ファーストクラスの席をビジネスに解放して自分がそれに選ばれたって感じです(なので食事とかはビジネスクラス)。

1回だけ大西洋を渡る路線でファーストクラスへアップグレードされたことがあります。これはやっぱり快適だったですね。

ルフトハンザでインボラアップグレードを何回もされたのはやはりスターアライアンスのゴールドの資格の恩恵だと思います。前も書きましたが、他の航空会社でのゴールドの資格ってすごく高いと思います。