空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

空港でたまに見かけるVIP待遇の人~ANAダイヤモンドメンバーより遥かに上のサービスです

スポンサーリンク

ANAマイレージクラブにはSFC、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドとステータスがあり、そのステータスによって受けれるサービスが違います。私は今ダイヤモンドですのでかなりいいサービスを受けてます。

junchans123.hatenadiary.jp

junchans123.hatenadiary.jp

junchans123.hatenadiary.jp 

ちなみに優先搭乗というのは国際線のエコノミーに搭乗する際は先に搭乗できて上の荷物棚を確保できるので凄くありがたいですが、国内線に搭乗する時はだいたい日帰りか一泊の出張ですので小さな荷物だけなのでいざとなれば前の席の下に置けるので私的にはあまりメリットを感じません(だいたい通路側なので後で奥に乗ってくる人を通す為に立ち上がったりしないといけないですし)。ただ、搭乗口に早めに行ってる時は有難く先に搭乗してますが(笑)。

ダイヤモンドより上のステイタスは無いので一番いいサービスを受けていますが、実はその上にVIPの人がいます。たまに見かけるVIPの人のことについて書きたいと思います。

スポンサーリンク
 

目次

VIPの人

大企業の役員クラスの人がこのVIP待遇になると思います(今まで見かけた人は全てそうでした)。国会議員に関してはテレビで顔を見かける人が普通に搭乗しているのを見かけたことがありますので、もしかすると普通の国会議員は違って大臣クラスがこの待遇かもしれません。

ラウンジ(待合室)

当然スイートラウンジでは無く、待合室としてVIP ROOM(正確には何と言うか知りません。特別待合室かも)が使われます。羽田空港で利用する場合は予約必要と担当者が話してた記憶あります。ただ、大臣とかと重なったらそちらが優先されるのでごくまれに使えないことがあるとのことでした。国際線、国内線にあると思いますが、残念ながら行ったことありませんし場所も知りません。ただ、国内線の関西空港ANAラウンジ(セキュリティを抜けてすぐ右)の隣にあります。関空のラウンジの奥に何も書いてない謎の扉があり、昔は何の部屋かなあと思ってましたがその扉の奥が特別な部屋です。実はその部屋にはトイレが無いみたいでトイレを使う際はラウンジのトイレを使うみたいです。たまにその扉を開けてラウンジ内のトイレを使う人を見たことあります。

アテンド

地上係員では無くスーツ着た人が飛行機搭乗までアテンドしてくれます。そんな人を見たことある人もあるかと思います。

国際線の場合行きも勿論そうですが日本への帰国便の際も現地係員がちゃんとアテンドしてくれるようです。ただ、海外の空港で乗り継ぐ場合はその先は無理で、乗り継ぐ先の航空会社のラウンジまでみたいです。ちなみに乗り継ぎ便がギリギリだったり遅れた場合はちゃんと特別ルートで乗り継ぎとのことで、一度フランクフルト行きのANA便が遅れた時、フランクフルトの空港で飛行機から出た所にANAの現地係員が待っていて一緒に階段降りてベンツ乗って行った人見たことあります。

国内線はあまり見たこと無いですが、一度羽田空港で沖止めだった時、みんなが乗るバスの横に黒塗りの車が止まっていて係員に連れられて乗って行った人見たことあります。

ちなみに搭乗の時は一番最後です。ダイヤモンドとかの優先搭乗は一番先ですが、本当の優先搭乗は一番最後ってことですね(笑)。席も一番前ですしギリギリまでゆっくりして最後に乗って出発って確かにこの方がだいぶ上ですね。

荷物

黒の VIPタグ付いてる鞄を数回見たことあります。メッチャレアなので写真撮りたかったのですが流石に恥ずかしくて無理でした(笑)。ファーストクラスタグ付いた荷物より遥かに早く真っ先に出て来ます。ちゃんとアテンドの係員がピックアップして持って行ってくれるのでVIPの方は何もする必要ありません。ほんと特別扱いっていうのはこういった人ってことですね。

ちなみに別件ですが、2月に初めてシンガポールに行った時シンガポールの空港で荷物をピックアップしようとターンテーブルに行くと既に荷物が出始めてたのですが、探しても自分の荷物が見当たらない…ダイヤなのでファーストクラスタグが付いてて最初の方に出てくるはずなのにまさかロスト?って思ったのですが、シンガポールの空港ってファーストクラスのタグが付いてるとピックアップして所定の場所に置いてくれるんですね。今までそんな経験無かったので驚きました。シンガポール流石です。