空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

ANA国内線座席指定での直前解放席をステイタス別にまとめてみました

スポンサーリンク

ANAのホームページにも書いてありますが、搭乗者のステイタスによって国内線の事前に指定できる座席が違います。f:id:junchans123:20170505092432p:plain

このように出張者に人気の前方の方の座席は上級会員でないと指定できません。そういえば出張で飛行機に乗る時に優先搭乗すると殆どが前の方の席ですね。ちなみに話は違いますが最近飛行機に乗って思うのが一番先に搭乗できるダイヤモンドで搭乗する人数の多いこと・・・スイートラウンジもメッチャ混んでますしダイヤモンド会員の人数がもの凄く増えたように思います。完全?修行では無く出張者でダイヤモンドに足らない分を修行する人が増えたのかも(笑)。

私が使っている羽田-関空便は小さな飛行機が多く、搭乗の少し前では窓側、通路側がいっぱいで真ん中の席しか指定できないことが多いです。でも航空会社は少し座席を空けておいて(国会議員やVIPの人の為?)直前にその席を一般に開放します。そのルールをダイヤモンドデスクに電話して聞いてみました。

目次

直前解放席

直前解放席はだいたい一番前(特に通路側)です。VIPの人用に空けておく席と思います。VIPの人は係員にアテンドして貰って最後に搭乗し、ドアが開くと最初に降りていきますのでこの席なんでしょう。その席が指定できる時間はステイタスによって違うとのことです。

ダイヤモンド会員の場合

聞いたところダイヤモンド会員は搭乗の前の日の18時に解放するということでした。その時間以降電話すると座席が指定できます。

プラチナ、スーパーフライヤーズ(SFC)会員の場合

プラチナ、SFC会員が指定できるのは搭乗日当日の朝とのことです。この直前解放席のことは上級会員でもあまり知られてないようです。私もプラチナ以上のステイタスになって20年近くなりますが、最近まで知りませんでした。

一般会員の場合

一般会員は当日空港に行って空いていれば可能とのことでした。この座席指定にもステイタスによって差を設けてます。でもあまり飛行機に乗らない人の場合、わざわざ通路側を指定する人って少ないでしょうね。どう考えても窓側で外の景色を楽しもうという人が多いでしょうし。

ちなみに私は着陸してドアが開くとすぐに出たいので(電車の時間とかもありますし)できるだけ前方を指定しますが、特に出張で夜に帰る時は必ず通路側です。ほぼお酒を飲んでいるのでトイレに行く必要があるからです(笑)。

 

ちなみに5年程前まではダイヤモンド会員はもっと優遇されており、いい座席が取れない時は電話でリクエストできてました。前日に限らずいつでも電話して「じゃあ可能であれば一番前の通路側に変更しておいてください」とリクエストすれば、当日空港に行けばほぼその直前解放席に変更してくれてました。多分前日18時に変更してくれてたんでしょうね。残念ながらそのサービスは今はありません。結構面倒だったのかもしれませんね。

海外に行く方に是非持っていって貰いたい物

このブログへ訪れた方は海外旅行によく行かれる方だと思います。話は変わりますが、私が海外に行く時、いつもウォシュレットが無くて苦労してました。最近日本では公共トイレでも設置されているところもあり、もう無いと困るって感じになっています。海外では殆ど普及していませんしね。以前海外赴任が決まった時、当然向こうでは無いのでどうしようかと色々探した時に見つけたのがこれです。

携帯のウォシュレットです。ネットでの口コミが良かったので一度買って試してみると、水圧が少し弱めなのとタンクに入れれる水の量が少なかったですが十分使えそう。ということで海外赴任に持って行きました。 これほんと助かりました。他の海外赴任の人や出張で来た人に紹介したのですが、みんな大助かりということでほんとお礼言われた位です。日本へ帰任してからも海外旅行、出張には必ず持っていきます。 最近新しいモデルが発売されたみたいですが(YEW4W3)、少し高いので古いタイプ(YEW350)で問題は無いと思います。

パナソニック製もあります。これは水を入れるタンクの容量が少ないですが、ペットボトルをタンク代わりにするジョイントが付いてるので結構便利です。使い勝手はほぼ同じって感じですかね。 海外旅行に超お勧めです。一度試して下さい。