空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

羽田空港国際線スイートラウンジとバンコク行きNH847便プレミアムエコノミークラス搭乗記

スポンサーリンク

仕事でバンコクジャカルタに行ってきましたので、その時の飛行機搭乗記及びラウンジ等について書きたいと思います(仕事なので当然観光とかは無し(笑))

 目次

旅程

・関西(08:10)-羽田(9:25)  NH096

・羽田(11:00)-バンコク(16:15) NH847

バンコク(14:10)-ジャカルタ(17:40) GA867

ジャカルタ(18:05)-シンガポール(20:55) SQ963

シンガポール(22:15)-羽田(06:30) NH844

・羽田(9:00)-関西(10:20) NH3821

今まで欧米へはよく行ってたのですが、東南アジアも思ったより遠いですね。ビジネスへのアップグレードを頼んでいたのですが往復とも満席だったみたいで無理でした。でも行きはプレミアムエコノミーに乗れましたし、帰りも一番前の足元が広い席だったので快適でした。

関空-羽田スイートラウンジ

関空から羽田への朝の便はいつも東京へ出張へ行く時に使う便です。当然関空でのラウンジも使いましたがこれらはしょっちゅう乗るので写真を撮り忘れました。ただ、日曜日の朝(だいたい海外出張は休みの日に移動しろと言われる)だったのでラウンジも混んでおらず、飛行機も出張の人がいないせいか普段とはかなり違った感じでした。

羽田空港に到着後は制限域を出ずに国際線乗り継ぎバスへ。考えるとこのバスは結構レアな所を通ったりするので写真とか撮っておけば良かったです。このバスも赴任中は常に使っていたのでスルーしてしまいました。

セキュリティチェックは一応優先レーンありますが特に混んでおらずすぐに通過。税関検査は一応自動化ゲートを使えるように以前登録していたのですが、全く混んでなかったので普通の係員がいるゲートへ。あまり乗り継ぎ時間が無かったので急いでスイートラウンジに向かいました。

海外赴任していた頃は羽田発フランクフルト行きの深夜便を利用することが多かったので必ずDining hで食事していたのですが、昼便なので普通の席へ。

f:id:junchans123:20170928073212j:plain

お腹もあまり空いてなかったのでビール一緒に少しだけ食べました。午前中に来ることはあまり無かったのですが、見てお分かりの通り朝ごはんメニューです。それでも一緒にビールですが(笑)。

f:id:junchans123:20170928073207j:plain

ヌードルバーは朝でもちゃんと開いてました。実は最近ラウンジで麺とか食べてなかったので知らなかったですがスイートラウンジではカレーも注文制なんですね。あと、カレーそばもあります。

www.junchans123.com

以前沸騰ワード10という番組で羽田のラウンジレポートやってた時、高橋真麻がそばを頼んでカレーをかけて食べるという技(?)を披露していて感心しましたが、スイートラウンジではそんなことしないでも注文できたんですね。

スポンサーリンク
 

羽田-バンコクNH847便

時間もあまり無かったのでちょっとビールを飲んでバンコク行きNH847便に搭乗です。

アップグレードポイントがあるのでビジネスクラスへのアップグレードをリクエストしていたのですが、元々満席だったのでいくらダイヤモンドといえどもできませんでした。

でもプレミアムメンバーは空いていればプレミアムエコノミーにアップグレードできるのですが、搭乗24時間のオンラインチェックイン開始と同時にチャレンジすると無事アップグレードできました。

f:id:junchans123:20170928073204j:plain

それも一番前のバルクヘッドの席。足元が広くて快適でした。

f:id:junchans123:20170928073200j:plain

すぐに飲み物のサービス。

考えると飛行機では発泡酒や第3のビールではなくてビールが飲めますね。これはコスト削減で改悪しないのでしょうか・・・

f:id:junchans123:20170928073155j:plain

その後食事です。エコノミークラスの食事も昔に比べて美味しくなったように思います。

全くトラブルも無くバンコクに着いて、市内でも渋滞せずにスムーズにホテル到着。結構早くから飲みに行けました(笑)。

アップグレード等のステイタスの差について

マイルやポイントでのアップグレードは明確にステイタスの差がありますが、エコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレードもダイヤモンド、プラチナ、スーパーフライヤーズで差がついているような気がします。しかしANAのHPを見てもそれは書いてませんし、同時に違うステイタスでチャレンジすることもできませんので経験から何となくそういう風に感じるだけですが。

ちなみに色んな場合でステイタスの差は極力気づかれないようにしていると思います(座席指定はステイタスで差があると明確に書いてありますのでわかりますが)。例えば飛行機の空席状況はHPで見ると普通会員と上級会員に差が無いです(やはり同時に比較して差があるとクレームでるでしょうし)。でも満席の場合、デスクに電話してキャンセル待ちをお願いすると上級会員の場合すぐ(だいたい30分程)座席が取れましたと連絡があります(お盆とか特別な日は違うでしょうが)。新規に予約する時とか飛行機を変更しようとして満席だった場合、9割以上の確率でこういった感じで対応されます。少し座席を空けてるんでしょうね。この間の出張の際、一本早い飛行機で帰れそうだったので電話で聞いてみると満席。じゃあ空港に行って空席待ちしますと言うと、飛行機の出発時間の一時間前までデスクで空席待ちお預かりできますがと言われました。お願いするときっかり出発の一時間前に座席が用意できましたとの連絡があり、無事に早く帰れました。今年はダイヤモンドステイタスの継続は無理そうなのですが、やっぱり修行してダイヤモンド欲しいなあ(笑)。