空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

私が海外で見つけたもの~メラトニン(Melatonin)を飲むようになってから時差ボケ無くなりました

スポンサーリンク

日本から欧米に旅行や出張に行った時に、時差ボケで夜寝れないとか寝てもすぐに起きてしまう時差ボケに悩まれている人も多いと思います。この時差ボケは人によってかなり違うみたいで、全く時差ボケが大丈夫な人もいます。私も若い頃はそれほど時差ボケにならなかったのですが、歳を取るごとに時差ボケがひどくなってきて困ってました。例えば日本からヨーロッパに出張に行った時は夜寝ても数時間で起きてしまうというのが定番でした。だいたい初日は疲れているので寝れるのですが、二日目の夜からそんな感じで、一週間位経ってだいたい解消されてきた時に帰国って感じでした。

かなり困っていたのですが、その時に知り合いから紹介されたのがメラトニン(Melatonin)というサプリでした。日本では売ってないですが、アメリカ等ではサプリとして普通に売っているわりとポピュラーなもので私はこれを飲むようになってから時差ボケにはあまり悩まないようになりました。今日はこのメラトニンについて記事に書きたいと思います。

目次

メラトニンとは

メラトニン(英: Melatonin)は、動物、植物、微生物に存在するホルモンであり、また化学的にN-アセチル-5-メトキシトリプタミン(N-acetyl-5-methoxytryptamine)として知られる。動物では、メラトニン血中濃度は1日の周期で変化しており、それぞれの生物学的な機能における概日リズムによる同調を行っている。

メラトニンによる多くの生物学的な効果は、メラトニン受容体(英語版)の活性を通して生成され、他にも広範囲にわたる強力な抗酸化物質としての役割によって特に核DNAやミトコンドリアDNAを保護する。

ヒトにおける長期的な外因的な補給による完全な影響は、まだ判明していない。

メラトニンアメリカ食品医薬品局FDA)によってサプリメントに分類されており、医薬品ではない。メラトニンの徐放剤は、2007年に欧州医薬品庁によって55歳以上の人々に対して処方せん医薬品として承認されたが、小さな効果しか示していない。またオーストラリアでは2009年に承認された。

メラトニンは「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、自然な眠りを導く作用があります。メラトニンが分泌されることで、体温が下がり眠気を感じられるのです。

 (ウィキペディアより)

 

ウィキペディアではややこしく書いていますが、メラトニンは寝る前になると分泌量が増え眠くなる効果を持つホルモンです。通常人は日光などの光を浴びることでメラトニンの分泌が一度ストップし、そこから約14~16時間後に再度分泌されるというメカニズムがはたらきます。これがいわゆる体内時計というもので、人間が持っている生活リズムです。

海外旅行で日本から欧米のような時差がある国に行った場合、夜になっても寝れないとか寝てもすぐに起きてしまうのはこの生活リズムが崩れてしまう為です。いわゆる時差ボケですね。

アメリカ等ではサプリとしてこのメラトニンが売られています

時差ボケに悩んでいた時、出張で海外を飛び回っている人に紹介されたのがこれです。

f:id:junchans123:20171122150220j:plain

メラトニンのサプリです。欧米等に行っても体内時計は日本時間のままなので、夜寝る時間になってもメラトニンが分泌されず寝れないのでサプリで補おうということですね。これを飲んで寝て、朝になって日光を浴びると時差ボケが早くなるということです。

こうしたメラトニンによる時差ボケの解消はアメリカ等では凄くポピュラーで、ドラッグストアのサプリのコーナーで普通にメラトニンが売られています。ビタミンとかが売っている棚に一緒に並んでます。

スポンサーリンク
 

メラトニンはアメリカ出張時に買ってました

日本では残念ながら売っていません。以前はアメリカにもよく行ってましたし、アメリカに出張する人もまわりに沢山いたので自分が行った時にドラッグストアで購入するか出張者に買ってきて貰いました(但しこのメラトニンを知らない人に頼むと買える店を探すのに結構苦労するとのことであまり頼まなくなりました。日本人の発音で「メラトニン」と言ってもアメリカ人にはなかなか通じないということもありますし)。

今はiHerb(アイハーブ)というオンラインショップで買ってます

以前風邪の初期に飲むと劇的に効果があるZICAM(ザイカム)というサプリのことを記事にしました。

www.junchans123.com

このサプリも日本では売っておらず、アメリカの通販会社を通して個人輸入する必要がありました(サイトは日本語対応で凄く簡単でした)。その際使っていたサイトはこれです。

f:id:junchans123:20171122150621p:plain

ただ、残念ながら今はZICAMの取り扱いをやめたみたいで、入手の為に今別の転送業者を使って入手中です。

メラトニンもやはり日本では売ってないので海外サプリメントの通販会社を通して個人輸入する必要があります。メラトニンは日本でも結構知られており、このサイトでも取り扱っていたのでZICAMと一緒に購入していました。しかしZICAMの取り扱いをやめてからはメラトニンの入手にはこのサイトを使っています。

f:id:junchans123:20171122150216p:plain

iHerb(アイハーブ) という通販会社で、自然商品を販売する世界でも最も大きいオンラインショップの一つです。日本へは1996年から配送しているそうです。 日本国外ということでハードルが高そうに思う方も多いと思いますが、他のサイトで購入するよりも買いやすいのでお勧めです。ZICAMは残念ながら取扱いが無かったですが。

購入や使用は自己責任でお願いします

メラトニンは人間の身体から分泌されるホルモンですし、医薬品では無くアメリカではサプリとして売られてますが、やはり日本で発売されておらず(日本で発売するのに承認がいるかどうかわかりませんが)、口に入れる物ですので購入や使用は自己責任ということでお願いします。人によってはそんなの口に入れて大丈夫?と感じる人もいると思いますし。

又、これはリズムを調整する為のサプリですので不眠症とかには全く効果が無いとのことです。それと私には時差ボケ解消に凄く効果があったのですが、こんなの全く効かないよと言ってる人もいますので人それぞれかもしれません。まあ私もこれを飲んだら大丈夫と固く信じているのでもしかすると気の持ちようかもしれませんが(笑)。

ちなみにヨーロッパへはANAの深夜便がお勧めです

ヨーロッパに住んでいる時、日本から向こうに戻る際はANAの羽田発フランクフルト行きの深夜便を使ってました。

f:id:junchans123:20171122150209p:plain

深夜1時頃の便ですので、乗る前にラウンジで飲んで食べて(というかたっぷりお酒を飲んで)、飛行機に乗るとすぐに爆睡。早朝着ですのでその日寝ずに起きてないといけないですが、飛行機で寝れるせいか殆ど時差ボケにはならなかったです。人によるかもしれませんが、私は時差ボケにならない為にほぼこの便を使ってました。ただ、深夜便なので乗った最初の食事はありません(飲み物のサービスはあります)。ビジネスクラスやファーストクラスの豪華な食事目当ての人はがっかりしますので昼便を選んで下さい。