空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

ANA特典航空券の裏ワザを使った弾丸旅行④~コンラッドマカオで人生初のスイートルームを体験

スポンサーリンク

以前ANA特典航空券の裏ワザを使ったマカオ台北、福岡、沖縄弾丸旅行のチケット発券等に関して記事にしました。

www.junchans123.com

実際に正月明けから4泊5日で行ってきましたのでそのことを記事にしたいと思います。

今回はその④コンラッドマカオ宿泊記です。

目次

宿泊するホテルの決定まで

今回マカオではわずか一泊です(それも夕方ホテルに着いて、翌日の夕方の飛行機だったので昼過ぎの香港空港行きのフェリーに乗らないといけない)。

私は一昨年にANAのダイヤモンドとのステイタスマッチで、ヒルトンのエセダイヤモンドのステイタスを持っています。又、他のマイラーさんと同じようにSPGカードを持っているので、朝食無料であるヒルトンかマリオットかどちらかに泊まろうと検索してみると、マカオにはマリオットホテルが無いみたいでした。

f:id:junchans123:20180117142102p:plain

マカオはカジノで儲けているせいかラスベガスと同じようにホテルの値段が結構安いです。以前ウィーンでヒルトンに泊まった時に貰ったポイントが20000ポイントあり、これを併用すれば更に安く泊まれるのでコンラッドマカオにしました。約800香港ドル(約12000円)と凄く安く泊まれることになりました。

チェックイン

宿泊の一週間程前にこのホテルからメールが届きました。

f:id:junchans123:20180117142437p:plain

ヒルトンのダイヤモンドメンバー特典を知らせてくれています。

この中で気になる一文が・・・

Upgrade to Suite or next available category

もしかしてスイートルームへアップグレード?まあ部屋の空き具合によるみたいなので、ちょっとだけ期待ということで。

ヒルトンホテルではアプリを使って前日にチェックインができます(ウィーンで泊まった時も前日に見るとエグゼクティブフロアの部屋にアップグレードが既になされており、チェックインが可能でした)。ということでアプリを立ち上げてみると、

f:id:junchans123:20180117135630p:plain

何故かチェックインができませんでした。コンラッドはダメなんですかね。

結局当日フロントでチェックインしました。もの凄く愛想のいいお姉さんでしたが、「今日はスイートルームを用意しました」との嬉しい一言が\(^o^)/。

と言う訳で人生初のスイートルーム宿泊です。

スポンサーリンク
 

コンラッドマカオのスイートルーム体験

部屋に入ってみるととんでもなく広い部屋でした。

f:id:junchans123:20180117135627j:plain

入ってすぐの左側に、控室のような部屋があります。6畳位の部屋にテレビとソファーが・・・何のための部屋なんでしょうか。

f:id:junchans123:20180117135624j:plain

リビングです。この部屋だけで30畳位ありそうです。

f:id:junchans123:20180117135620j:plain

ベッドルームです。キングサイズのベッドに椅子とテレビがあります。

f:id:junchans123:20180117135617j:plain

バスルームです。当然ジャグジー付き。ここの空間だけでいつも泊まるビジネスホテルの部屋より広いです(^^ゞ。奥がシャワールームですが、3畳位の広さがありました。

f:id:junchans123:20180117140615j:plain

ネスプレッソのコーヒーマシンが置いていました。この下に冷蔵庫がありましたが、缶ビール一本700円程度。部屋の値段は安いですが、やはり高いです。

f:id:junchans123:20180117140605j:plain

ベッドの端にコンラッドのシンボルの人形が。持って帰っていいとは思うのですが、忘れました(まあ持って帰っても特に必要は無いですが)。

f:id:junchans123:20180117140613j:plain

部屋からの夜景です。

f:id:junchans123:20180117140609j:plain

そして次の日朝起きた時の同じ風景です。13階の部屋でしたのでそれほど高層階ではありません。

この日は夕食後カジノで少し遊んで部屋に帰ってきたのが夜11時頃。シャワーを浴びて(面倒なのでジャグジーは使わず)、速攻寝てしまいました。次の日の朝も午前中しか観光の時間が無いので6時頃には起き、朝ごはん、準備してすぐに部屋を出ました。昼の1時前にシャトルバスに乗らないといけなかったのでその時間までチェックアウトを延長してくれましたが、部屋ではほんと寝るだけ。よく考えると勿体ないですね。

ちなみに初スイートルームの感想ですが、これだけの部屋に一人ってメッチャ寂しかったです。又、ベッドルーム、クローゼット、スーツケース置場、机が離れているので準備したりするのも部屋をうろうろ。最後に忘れ物が無いかチェックするのにも時間かかるし、こんな部屋慣れてないので全く楽しむことはできなかったです。小市民ですね(笑)。

エグゼクティブラウンジ編へ続きます。