空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

ANAダイヤモンド会員の空席待ち優先(アップグレードでも優先されます)~国内線は直前でも空席待ちができ、満席でもほぼ席が取れます

スポンサーリンク

先日前泊で東京へ出張に行った時、仕事が早めに終わりそうだったので予約していた飛行機を一本早いのに変更しようとするとその便が満席でした。こんな時はダイヤモンド会員のメリットを発揮できる時ということで、早速ダイヤモンドデスクに電話して空席待ちをお願いして無事に席を確保できました。今日はその時のことを記事にしたいと思います。

目次

ANAダイヤモンド会員について

ダイヤモンド会員のメリット等については下記に書いています。

www.junchans123.com

やっぱりANAの最上級会員ということで色んなメリットがあります(その上に大企業の役員とか大臣とかのVIPの人がいますが)。その中でも一番のメリットは国際線の特典航空券やアップグレードの際に最優先になるということでしょうか。

ダイヤモンドデスク

ダイヤモンド会員専用のフリーダイヤルの電話番号があります。その番号は携帯電話でも繋がるということで、他のデスクと少し差をつけています。

ちなみに個人的な推測ですが、ダイヤモンドデスクといっても専任のオペレーターがいる訳では無いように思います。オペレーターの方は共通で、向こうでかかってきた会員によって対応を変えているのではないかと思います。先日プラチナデスクの番号に電話した時に、「ダイヤモンドデスク」ですと言われましたし、間違った「・・・デスクです」と言われたこともあります。

出張当日AM10:00頃

飛行機を一本早めようと思ってANAのHPで空席をチェックしてみると、

f:id:junchans123:20171212113906p:plain

元々19:00発を予約していたのですが、一本早い17:30は満席でした。そこで早速ダイヤモンドデスクに電話して空席待ちをお願いしました。

ちなみに最近まで知らなかったのですが、当日空席待ちできるのはダイヤモンド会員だけです。プラチナ会員を含めてダイヤモンド会員以外は出発の24時間前までしか空席待ちできません。

f:id:junchans123:20171212113859p:plain

約一時間後

空席待ちして一時間後に席がご用意できましたと電話がかかってきました。席が用意できた時の連絡はメールか電話が選べるのですが、メールにしておけばもっとわかり易かったですね。どうせ座席指定する為に電話しないといけないので電話連絡をお願いしていました。

f:id:junchans123:20171212113851p:plain

無事に一本前の飛行機を確保できました。プラチナ会員の時もほぼ同じで、空席待ちをお願いすると、よほど混んで無い限りだいたい30分か1時間後に席が取れたと連絡があります。多分上級会員やVIP向けに少し空席を用意しているんでしょうね。でもHPを見た時に会員によって差をあれば苦情がありそうなのでHP上では差が無いようにしていると思います。

スポンサーリンク
 

乗ってみるとダイヤモンドブロックでした

今回の関空-羽田の便はスターフライヤーズの運航便。

f:id:junchans123:20171212113848j:plain

機体も黒ですが座席も黒の革張りで私のお気に入りの飛行機です。スターフライヤーズについては下記記事にまとめました。

www.junchans123.com

飛行機に乗ってみると、「本日は満席のご予約を頂いております」とのアナウンスが。まあHP上で満席表示なのでまあそうでしょと思っていましたが、最終的には数席空席がありました。

ちなみに私の横の席は、

f:id:junchans123:20171212113840j:plain

空席でした。いわゆるダイヤモンドブロック(隣席ブロック)でしょうか。空席待ちして確保したのにやはり隣を空席にしてくれたようです。

ダイヤモンドブロックに関しては下記記事を参照下さい。

www.junchans123.com

ちなみに直前に解放される座席(ステイタスによって解放される時間が異なる)に関しては下記記事にまとめました。

www.junchans123.com

しかし、今回電話した時にオペレーターの方から「最近スターフライヤーズとの共同運航便は直前解放席が無くなりましたので前席をご希望の場合は空港へ行って確認をお願いします」と説明を受けました。スターフライヤーズ側からの要望とのことですが、この飛行機に乗ることが多いので前席が確保できないのは少し痛いです。

ちなみに国際線のアップグレードの場合は

今回は国内線の空席待ちについて記事にしましたが、国際線のアップグレードの空席待ちでも最優先になります。国際線のアップグレードが空席待ちであった場合、基本的に申し込みの早い順ですが、上級会員は後に申し込んでも飛び越えて先の優先順位になります。

例えば一般会員の方が3名空席待ちしていた時に、後からプラチナ会員が空席待ちを申し込むとその人が優先順位1番になります。更にその後にダイヤモンド会員が申し込むとそのダイヤモンド会員の人が1番となり、プラチナ会員の人は2番。一番早く申し込んだ一般会員の人は3番となり、いくら早く申し込んでも上級会員の人に抜かされることになってしまいます。

ちなみにデスクではトータルの空席待ちの人数は教えてくれますが、会員ランクごとの人数は教えてくれません。

アップグレードに関しては空席具合に応じて徐々に座席解放しますが、最後の座席解放は数日前と思います。あとは当日のチェックインカウンターでOKになることもあり、更に搭乗口で搭乗券を入れた時にエラーで戻ってきてOKになることもあります(いわゆるゲートピンポンですね)。