空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

私がよく使っているスターフライヤーを紹介します~顧客満足度第一だけあってもの凄く快適です~コードシェアなのでANAマイルも貯まりますよ

スポンサーリンク

私は関西在住で東京へよく出張へ行くのですが、何回か書いてますように大阪南部からは伊丹空港へは時間がかかり凄く不便です。その為関西空港を利用することが多いのですが、関西-羽田間のANA便は半分がスターフライヤー運航のコードシェア便になりますのでスターフライヤーに乗ることが多いです。今日はこのスターフライヤーについて記事にしたいと思います。

目次

スターフライヤーとは

2002年に「神戸航空株式会社」として設立。2006年3月に北九州空港の移転と同時に東京国際空港(羽田空港)との間の路線運航を開始した。さらに、2007年9月14日から東京/羽田 - 大阪/関西線、2011年7月1日から東京/羽田 - 福岡線、2012年7月12日から北九州 - 釜山線、2013年10月1日から大阪/関西 - 福岡線、2014年3月30日から名古屋/中部 - 福岡線、2014年10月26日から東京/羽田 - 山口宇部線をそれぞれ運航開始した。北九州市を拠点とする航空会社として、TOTO安川電機九州電力など、福岡県北九州市地場企業からの出資を受けている。

ウィキペディアより)

最初は神戸航空というのは知らなかったですが、北九州を本拠地として羽田便を運航したのが最初だと思ってました。

f:id:junchans123:20171109144558p:plain

今ではこの6路線を運航しています。この中で羽田と北九州、福岡と関空便がANAとの共同運航便になります。

機内サービス等について

何回も乗っていますが、ANAの国内便と比較して快適だと思います。エアバスA320の通路が真ん中1本の小さな飛行機で運航しています。

f:id:junchans123:20171109144554p:plain

黒の革張りのシートで、シートピッチも普通の国内線と比較して広めだと思います。LCCに分類されると思ってましたが、荷物を預けるとか座席指定とかに追加料金も取られませんしフルサービスキャリアです。

f:id:junchans123:20171109144550p:plain

機内でタリーズのコーヒーが飲めます。このコーヒーは結構美味しく、チョコレートも付いてきますし私は必ずコーヒーを飲んでます。

又、各シートにテレビも付いており、オリジナル番組も見れます。最近ANAでも新しい機体で始まった(始まる?)みたいですが、スターフライヤーは昔から全便でシートでテレビが見れます。ここにも書いていますが、USB端子がついており、スマホの充電もできます。

スポンサーリンク
 

羽田で乗る時は便によってターミナルが違うので注意が必要です

f:id:junchans123:20171109144547p:plain

このように羽田から行き先によってターミナルが違います。特に福岡線は最近第2ターミナル(ANA便が利用するターミナル)から第1ターミナル(JAL便が利用するターミナル)へ変更となったみたいです。

福岡や北九州便はANAとの共同運航便なのに第1ターミナルなんですね。ということはラウンジとか使えないので結構不便ですね。

f:id:junchans123:20171109144543p:plain

ちなみに関空便の時刻表です。関空便は半分がスターフライヤーとのコードシェア便になります。関空便は第2ターミナル発着なのでラウンジも使えますし通常のANA便と同じで優先搭乗なんかもあります。

関空にはスターフライヤーのカウンターも確かあったと思いますが、スターフライヤーで搭乗している人はほぼいないのではないでしょうか。大部分の搭乗客はANA便として予約していると思います。

搭乗してみた

f:id:junchans123:20171109145012j:plain

関空での写真です。このように真っ黒な機体で結構かっこいいです。

f:id:junchans123:20171109145007j:plain

シートは黒の革張りです。座りごごちもいいです。

f:id:junchans123:20171109145001j:plain

座席のピッチはこんな感じです。通常のANA便よりは広く、無理すれば通路側の人が座ったまま窓側の人が前を通れる位です。

f:id:junchans123:20171109144957j:plain

f:id:junchans123:20171109144952j:plain

このように前の座席にシートテレビがあります。写真には写ってませんが、USB端子がついていてスマホの充電ができます(機材によっては電源もついていたように思います)。

f:id:junchans123:20171109145236p:plain

知らなかったですが顧客満足度が最近ずっと一位とのことです。確かにサービスを考えるとそれがわかります。いつも快適に利用させて頂いてます。

私が思うのに唯一のネックは羽田空港ではほぼ沖止めだということです。確かに行き先によって利用するターミナルが違うので沖止めでないと運用が難しいですよね。でも小さい飛行機の場合、羽田空港では端の搭乗口を使うことが多く、その場合かなり歩かないといけないので沖止めでバスで搭乗の方がいいかもしれません。