空マイラーから陸マイラーへ

世界を飛び回ってた空マイラーが陸マイラーとしてデビュー。海外での経験やお得な情報を伝えていきます。

羽田空港国内線ANAスイートラウンジ~ANAラウンジとの違いまとめ

スポンサーリンク

ブログを書き始めてから始めて東京に出張があり、羽田空港のスイートラウンジに行く機会がありましたので通常のANAラウンジとの違いについてまとめてみたいと思います。

目次

入口

f:id:junchans123:20170525133224j:plain

搭乗口のある階から一つ上がれば通常のANAラウンジです。スイートラウンジはもう一つ上なので更にこの絨毯の向こうのエスカレーターに乗って上に向かいます。 

f:id:junchans123:20170525133215j:plain

3階に上った所です。入口はANAラウンジとそんなに変わらないです。 

座席の様子

f:id:junchans123:20170525140008j:plain

中の様子は少し高級感がありますかね。椅子が少し豪華ですし、配置がかなりゆったりしています。窓側の席(すみません、写真撮るの忘れてしまいました)は飛行機眺めながらくつろぐのに非常にいいです。

時間は夕方5時頃。伊丹便に乗る人も多いせいか結構混んでいます。いっぱいで座れないことは無いですが窓際の一等席は空いていませんでした。このラウンジができた頃はどんな時間に来てもガラガラだったのですが最近ダイヤモンドメンバーが増えたのでほんと混むようになりました。

飲み物

ANAラウンジではソフトドリンクとビールが飲めます。呑兵衛の私にとってはビールが飲めるだけありがたいですけど(笑)。

スイートラウンジで飲めるソフトドリンクはほぼANAラウンジと同じです。

違いはお酒ですね。その違いについて書いていきたいと思います。 

f:id:junchans123:20170525133133j:plain

まずはビールがプレミアムビールになります。プレミアムモルツとエビスビールが飲めます。通常ラウンジでは一番搾りスーパードライ黒ラベルですので少し差をつけてますね。私はプレミアムモルツが大好きなのでいつもいっぱい飲んでます(笑)。

スポンサーリンク
 

f:id:junchans123:20170525133127j:plain

焼酎と日本酒、ウィスキーはANAラウンジにも置いてますが、スイートラウンジではワイン(赤、白)も飲めます。国際線の場合は何種類か置いていたと思いますが、国内線は赤、白一種類です。

食べ物 

f:id:junchans123:20170525133138j:plain

ANAラウンジではおかきとかのおつまみだけですが食べ物がかなり増えます。

スープ(日によって種類は変わります)とパン。

 

f:id:junchans123:20170525133130j:plain

お味噌汁といなり寿司。

 

f:id:junchans123:20170525133211j:plain

それと夜に来ればクッキーに変わっていますので夕方までの限定だと思いますが、クリスピークリームドーナッツが置いてあります。それも食べ放題(笑)。

一番の違いはドーナッツですかね(笑)。

実は違いはこれだけです。自分自身も出来た頃はもっと違うんだろと思ってましたが、「これだけ?」と驚いた記憶があります。

 

国際線のスイートラウンジについてもまた書きたいと思いますが、殆ど炭水化物だけだった食べ物の種類がかなり増えて、飲めるアルコールもかなり変わります。あとDining hというレストランも出来ました。夜のみの営業ですが食事は凄くいいです。ダイヤモンドメンバーでなくてもスイートラウンジ券はヤフオク等で5000円程度で手に入りますが、それだけ払っても行く価値はあると思います。

あと両方のラウンジに共通している差は混み具合ですかね。羽田の深夜便に乗ろうと思って夜羽田のラウンジに行くと空いている席が無い位混んでいます。前も書きましたが、こんな状況なのに更に有料サービスを始めるってANA何考えてるのかと思っています。